波乱です。

ここまで安定感抜群すぎる戦いっぷりだった『fcat's』が勝てません。
後期は8戦して1勝。いったい何があったのか。
後期ランキングでは最後位、そしてついに総合ランキングでも、『やきとりFC』に定位置を奪われ、さらに『レフリーズ』にも抜かれてしまった。
首位と3位の勝ち点差は11。ちょっと厳しい数字だ。
しかしながら、ひょっとするとfcat'sの大逆転もあるんじゃないかと、大波乱の展開を期待してしまう。
なぜなら最終節は、前期の第3節と同じカードになっていて、やきとりFCはその第3節で唯一勝てたのが不戦勝だけだったのだ。
初戦で『GLITTER』に敗れ、2戦目が不戦勝、3戦目は『FCアミーユ』に引き分け、4戦目は『パンナコッタ』に敗れている。
また同じようにずっこけてしまうと面白い。

そして2位『レフリーズ』には優勝のチャンスが十分にある。
総合ランキングでは勝ち点差5、後期ランキングは勝ち点差3だ。
最終節は勝ちにこだわって、4試合目の難敵『fcat's』戦を迎えてほしい。

中位のチームは第5節でも変わらず勝ったり負けたりだった。
少しの差で全勝できそうでできない。
一方で紙一重で全敗になってしまったは『GLITTER』。頑張っているんだけど勝てない。
最終節の初戦が『やきとりFC』なので一泡吹かせて欲しいところ。

得点ランキングは総合ではfcat'sの植草選手がここまで19点を上げ、2位に6点差をつけている。
後期は接戦でGLITTERの菅原選手とFCアミーユの鶴岡選手が8点で1位。
2位が7点で二人、3位が6点で三人。
得点王はできるだけ一人にしてほしいので、誰か一人が爆発してくれることを願う。


大会事務局 泉田